来店不要の消費者金融にはどんなところがあるでしょうか?

来店不要、即日融資は当たり前!?

急にまとまったお金が必要になった時、消費者金融で借りられるキャッシングはとても心強い味方となります。昔はキャッシングといっても抵抗がありましたが、今では気軽に借りられるものとなっており利用者も増えています。テレビコマーシャルでも目にすることが増えたこともあり、そんなに怖いイメージでもなくなっているのですね。しかも、最近のキャッシングはわざわざ店頭に行かなくても申し込みができるタイプがほとんどで、来店不要のネット完結。他人や知り合いにお金を借りる姿を見られなくて済み、プライバシーを守る意味でも利用しやすくなっているのです。そうしたことからも、今では来店不要の融資は、どこの消費者金融でも取り入れられている基本サービスとなっているのです。

 

気になる審査スピードも、ネットで申し込めば驚くほどスピーディーに終了します。申し込んでから、早くて30分以内に審査結果が出ることもあり、時間によっては申し込んだ当日に融資してもらえることも。この申し込みから融資まで、短時間で済ませられるのも、消費者金融ならではのサービスといえます。

 

ネットで申し込みができて、場合によっては即日融資が可能…なんて、急ぎでお金が必要な人にとっては助かるサービスです。ただ、キャッシングを利用する際には、消費者金融によっては金利や細かなサービス面での違いがあることを理解しておかなくてはいけません。急ぎで借りたい人は、つい知っているところで申し込んでしまいがちですが、できれば複数の消費者金融を比較検討して選ぶのがおすすめです。


借入金額と返済はよく考えて

困ったときにお金を貸してくれる消費者金融はたくさんありますが、いざ借りるとなったときにはどこから借りればいいのか、その数の多さからも迷ってしまいます。ただ、やはりどこで借りるのか迷う前に、本当に借りなければ厳しのか考える必要があります。給料前のピンチ時など、返済できる当てがあることも大事。もちろん、無駄にお金を借りないように最低限での借り入れに抑えるようにしなければいけません。

 

お金を借りる際には、収入にあったバランスで借りることがポイント。無理のない範囲で借入金額を設定することができれば、返済も無理なく早めに終わらせることができるでしょう。

 

ちなみに、決められた返済期限前に副収入や臨時収入が入った場合は、残りの返済額に優先して充てるようにします。そうすることで、金利を含めた全体の返済額が減って楽になります。


無人契約機を開発!CMでもお馴染みのアコム

日本を代表する消費者金融といえば、「アコム」が挙げられます。三菱UFJフィナンシャル・グループに属し、マスターカードのプリンシパルメンバー。来店不要で申し込みができるのはもちろん、24時間365日いつでも利用可能と、好きな時間に利用できるのは便利。テレビコマーシャルでもお馴染みなだけに、信頼感も高い消費者金融です。ちなみに、アコムの社名は、「Affection(愛情)」「Confidence(信頼)」「Moderation(節度)」の頭文字を組み合わせて名づけたもの。

 

今では広く普及され、誰もが知っている自動契約機を開発した事でも有名。テレビコマーシャルも流され、イメージキャラクターのチャント星人やイメージソングで、消費者金融でのイメージをガラリと変えたともいえます。また、アコムでは専用のカードに「AC」と記載して、消費者金融のカードであることがわかりにくくするといった配慮もしています。親しい家族や知人に見られても、消費者金融を利用している事がわからない…そんな細かいサービスもおこなっているのです。そして、消費者金融では珍しく、キャッシングだけでなくマスターカード加盟店として、ショッピング機能が付いたクレジットカード「アコムマスターカード」も発行しています。

 

知名度もそうですが、サービス面が充実していることからも、消費者金融の中でも知らない人はいない存在として君臨。パートやアルバイトでも、一定の収入があれば融資してもらえるとして、幅広い年齢層から人気です。


サービスが充実して借りやすいアイフル

アコムと並ぶ知名度と人気を誇るのが、「アイフル」です。「てまいらず」という無人契約機に操作が電話だけできたり、「配達時間えらべ〜る」でローンカードの配達時間を指定できるといった、独自の特徴を持っています。しかも、急いでいる人の審査を優先するためのフリーダイヤルも用意されています。

 

さらに、なんらかの事情がある場合では、在籍確認を書類だけで済ませてしまう事もできるのです。通常の審査では勤務先に電話をかけて確認するのですが、事業規模が小さく、普段は電話が滅多にかかってこないような職場では、例え名前を名乗らなくてもばれてしまう可能性が大。そうした場合に、健康保険証や給与明細で在籍確認の手続きをおこなうのです。

 

ただ、アイフルは手数料が高いのが気になるところ。返済方法には振込、提携ATM、自社ATM、コンビニATM、口座振替とありますが、手数料がかからないのは自社ATMと口座振替のみ。ちょっとそこが気になるところです。

 

 

お金借りる 今日中


更新履歴